帰ってきたハト研ブログ

2010/06/27
挑戦するとは

頭でわかっていても体がわかっていない、

体がわかっていても心がわかっていない、

お金や上っ面だけで生きていると、人はそうなる。

どういう理念で進めていくか、どういう手法をとるか、どういう共感を得るか。

事業とは「頭と体と心で行うもの」だと思っている。

負けないし、全く勝てない勝負には出ていかないけど。

そうしておけば、もし失敗したとしても、会社に社員へと貴重な何かを残してくれる。

無名の会社が、挑戦するとはそういうこと。

目標が明確であればあるほど、ここが重要になってくる。 by 社長


permalink | posted:7:02 am

帰ってきたハト研ブログ トップへ